アルバイトの源泉徴収





給与明細には、源泉徴収という欄があるので、アルバイトの人は、その辺をよく確認する必要があります。

源泉徴収は、一定の額を超えなければアルバイトの人は徴収されませんが、確定申告は必要になってきます。
アルバイトの人は源泉徴収の知識がとかく低い傾向にあるので、アルバイトをしている人は、たまには給与明細を見てみることです。
アルバイトの源泉徴収については、年間所得が103万円を超える人が、課税の対象になります。
源泉徴収として税金があらかじめ天引きされるのは、アルバイトの場合、月8万7千円以上であると覚えておきましょう。
しかし、この場合、年間の給与所得が120万円になるので、源泉徴収されなくても、確定申告しなければなりません。
しかし、ほとんどの会社は、アルバイトの給与から源泉徴収をしていて、仮納税をしているのが普通です。
しかし実際、103万円以上稼いでいて、源泉徴収されていない人でも、確定申告をしている人はまずいません。
確定申告すればお金が戻ってくることもあり、源泉徴収の段階では、国民年金、国民健康保険、医療保険などの控除対象が色々でてくるからです。
アルバイトとは言え、源泉徴収として、8万7千円を超えた分の10%が天引きされるというわけです

源泉徴収の計算方法




源泉徴収というのは、給与や報酬などを支払うものが、規定の税額をあらかじめ差し引かれるものを指します。
つまり、源泉徴収というのは、支払う側が税金の納付を代行するという制度なのです。
ただこの場合、源泉徴収の計算は手計算になるので、やや面倒ですが、ソフトを利用すれば、複雑な計算がすぐにできます。

源泉徴収の計算については、給与所得に対する徴収税額については、給与所得の徴収税額表で求められるようになっています。
また、給与に関する源泉徴収の計算については、徴収税額は比較的簡単に求めることができるようになっています。
そのため、源泉徴収が導入されたことのより、ラリーマンは、大きな負担がかかるようになったのです。
また、最近では、パソコンの普及により、源泉徴収の計算のための市販ソフトもたくさん販売されています。
しかし、源泉徴収の計算は、慣れれば誰でもできるようになり、最初に計算の順序を覚えれば大丈夫です。
計算の仕方は、その月の社会保険料を控除した後の給与の金額から、別表で算出した給与所得控除ので、源泉徴収を計算します。
この辺の源泉徴収の計算に関しては、パートやアルバイトをしている人は、是非、認識しておくべきでしょう。

源泉徴収の書き方




源泉徴収の書き方ですが、まず、書く用紙といのうは、基本的にはどんなものでもよいことになっています。
ちなみに平成24年に締結した保険契約で制度改正されているので、源泉徴収の書き方を見直しておきましょう。
源泉徴収の書き方としては、徴収税額のない者の分も含めて、支給金額を記載しなければなりません。
正確な源泉徴収の書き方を覚えておくと便利で、そのことが節税につながります。

源泉徴収の書き方をマスターしておけば、過払い分が多く還ってくる可能性があるので、書き方は、面倒がらずに習得しておくべきです。
車通勤の非課税限度額が、交通機関の運賃相当から距離相当の金額に変更になっているので、源泉徴収の書き方では要注意です。
また、源泉徴収の書き方で注意しなければならないのは、車などの通勤手当の非課税限度額変更です。
正式な源泉徴収の書き方を確認することは非常に大事なことで、昨年と変わっていることもあるので、注意しなければなりません。
この場合、平成23年中に締結した保険契約は従来の制度が適用となるので、源泉徴収の書き方には注意が必要です。
生命保険料控除制度の改正などがあると、源泉徴収の書き方は変わってくるので、チェックが必要です。

源泉徴収とは





つまり、源泉徴収というのは、所得が支払われる前に、あらかじめ所得税を差し引いて納付するというものです。
つまり、所得の支払いをする者が、源泉徴収で税金を徴収し、納付する義務を負うと言う形になっているのです。
また、源泉徴収というし、弁護士や税理士などに対する報酬についてもしっかり対象となるので、日々の生活に深い関係があります。
そして源泉徴収の特例の申請書を提出すれば、運用期間がさらに延長されることになります。
ただ、この場合の源泉徴収の納付に関しては、承認を受ける必要があり、また、納期特例の承認に関する申請書を提出しなければなりません。
そして、この源泉徴収というものは、差し引いた者から税務署に納付されるという仕組みになっています。
そして、源泉徴収と言えば、給料だけでなく、利子や配当などにも必要なものなので、生活に密着しています。
つまり、特例の源泉徴収納付期間を利用すれば、資金繰りを楽にできるというメリットがあるわけです。
税金は国が直接徴収することになっていますが、源泉徴収に関しては、義務者制度が設けられています。
支払いを受けるものによって源泉徴収は区分されていて、それは、日本に住所を有するもので、1年以上の居住要件が必要です

家計簿診断





それほど細かく出費をつけなくても、自分が把握できれば簡単な家計簿でも十分ではないかと思います。

家計簿の悩みは、ブログやサイトなどを見てみるとたくさんの人が色々な悩みを持っていることが分かります。家計簿を支出管理のため、または簡単な日記代わりにつけている人は多いのではないかと思います。
一人暮らしの人はもちろん、家庭の主婦などにとっては家計簿をつけることは貯蓄をする上でも大切ですよね。
ブログやサイトなどでは、家計簿を診断してくれるコーナーをよくみかけます。
家計簿は、基本的に自分でつけて、自分で把握すればいいものですが、出費に無駄が本当にないのか知りたくなることもあります。
一か月の支出には、家賃や保険代など毎月固定の金額のもの、光熱費や食費など毎月必要だけど金額が違うもの、交際費のように月によって有無が違うものがあります。
同じような悩みを抱えている人の相談であれば、自分の家計簿を見直すうえでも参考になりますよね。
また、どうしても貯蓄をできない人などは保険の内容をその人に合ったものに変更することで貯蓄に回すお金ができることもあるようです。
家計簿を診断してくれるサイトなどでは、サイト上で、相談者を募集していることが多くあります。

無料でできる家計簿





無料の家計簿フォーマットはたくさんありますが、自分に合ったものであれば、どんなフォーマットでもいいと思います。
いくつか無料のフォーマットをみて、自分に合った家計簿をダウンロードするといいのではないかと思います。
家計簿をつけることによって、無駄な支出が抑えられ、貯蓄にもつながるのではないでしょうか。
エクセルでの家計簿フォーマットであれば、一度ダウンロードすれば、ネットに接続することなくいつでも使用できます。
私は、エクセルでの家計簿フォーマットを無料でダウンロードして、項目などを自分用に作り直して使っています。
便利ではあるのですが、エクセルなどで家計簿のフォーマットを作るのってなかなか大変な作業です。
私もそのうちの一人で、以前はノートで家計簿をつけていたのですが、電卓を使って計算するのが面倒になり、最近ではパソコンを使っています。
サイトにメンバー登録をすれば使えるようになるもので、日常の家計簿だけでなく、銀行口座の預金なども一緒に管理できるものがあります。
すごくシンプルな家計簿であれば、それほど手間もかからず作れますが、見やすいようにとか考えるとああでもない、こうでもないと悩んでしまいます。
また、外部アプリと連携しておくことで携帯電話でも家計簿を管理できるものもあり、便利ですね

簡単家計簿





ブログやサイトなどで家計簿について調べてみると、色々なフォーマットなどがあって、悩んでしまいますよね。
簡単でシンプルな家計簿で、毎日の出費を把握し、無駄な費用を抑えましょう。
また、クレジットカードの控えなども一緒に家計簿に張り付けたり、ファイルにまとめておけば、なくす心配もありません。
ブログやサイトなどでは色々な家計簿のフォーマットが紹介されているので、自分流にアレンジするといいですよ。
ノートで家計簿をつけている場合には、電卓で計算する必要があるので、少し面倒かもしれませんね。
パソコンで家計簿をつけている場合には、ファイルなどにレシートをまとめておくといいかもしれませんね。
色々細かく家計簿につけておくと後で色々調べることができていいような気もするのですが、多分途中で面倒になってしまうと思います。

家計簿で支出を把握するには、一週間ごと、あるいは一か月の合計の支出金額を出す必要があります。
あまりたくさんの項目に分けず、簡単にしておくことが家計簿を毎日続けるためのポイントではないかと思います。

家計簿は、パソコンでつける場合には、計算の手間が省けるので、ノートでつけるよりも簡単なのではないかと思います

家計簿ブログ





家計簿を毎日つけることは少し面倒な気もするのですが、日課にしてしまえば、それほど時間がかかるわけでもなく、簡単につけることができます。
そのためには、自分にとってつけやすい家計簿のフォーマットを作ることが大切なのではないでしょうか。
細かい支出を残す場合には家計簿にはまとまった金額を記入し、レシートを残すと便利なのではないかと思います。
ブログやサイトなどで自分にあった家計簿のフォーマットを探して自分用に加工してみましょう。
家計簿は、毎日継続して続けることが大切なので、面倒になるほどの項目を増やしてしまっては意味がなくなってしまいます。家計簿を付けることで、どんなことにお金を使ったかということがはっきりし、出費を抑えることにつながってきます。
また、ファイナンシャルプランナーのブログなどでは効率的な家計簿の書き方なども紹介されています。
また、アフィリエイトなどで稼いだ収入と一緒に家計簿を公開しているブログもありました。
通常、見ることのない他人の家計簿や貯蓄、節約のノウハウをブログなどで知ることで、自分にぴったりの方法を探すことができるのではないかと思います。
でも、家計簿にそれぞれの商品を記入しようとすると、すごく面倒なことになってしまいます。

家計簿の書き方





毎日の支出を管理できる家計簿の書き方をブログやサイトなどで調べてみましょう。
でも、家計簿をつけていくことで、無駄な出費が明確になり、節約につながっていくので、簡単なメモ程度でもいいからつけるのはいいことではないかと思います。
私は最初、ノートで家計簿を書いていましたが、ここ数年はパソコンのエクセルでつけています。
大きく分けると、家計簿をノートに書く方法と、パソコンでつける方法とに分かれるのではないでしょうか。

家計簿の書き方をブログやサイトで調べてみると、本当に色々な書き方があることが分かります。
どちらの家計簿の書き方でも、支出項目が必要になってくるのですが、これはあまり細かく書いてしまうと、途中で投げ出したくなってしまいます。
また、収入から電気代や家賃などの固定支出を引いて、一か月に使える金額を家計簿に一緒に書いておくと分かりやすいですよ。

家計簿の効率的な書き方を詳しく紹介しているサイトなどもあり、とても参考になります。
エクセルで家計簿をつけると、項目ごと、あるいは支出の総合計などを簡単に計算することができるので、便利なんですよね。
家計簿は、特に誰かに提出するわけではないので、自分にとって分かりやすい、そして毎日続けられる項目にしておくのがよいのではないかと思います。

家計簿の項目に対する考え方





中には旦那の給料と自分のパートの給料をわざわざ分けている人がいてね、話を聞くと、自分の場合は月々の勤務時間によって金額が大きく変動するから別にしているんですって。
それに私の場合、余りにも項目が多いと、これはどこに入れればいいんだろう?とかって迷っちゃって、結局面倒になっちゃうんです。
だからこそ、項目や書式など、それぞれの家庭オリジナルのスタイルというのがあって然るべきだと私は思いますね。
収入が定期と臨時の2項目、後は、食費・日用雑貨・服飾雑貨・光熱費・教育費・交際費・娯楽費、それにその他だけです。
ただし、我が家ではボーナスは臨時収入の項目に該当すると考えているんですけどね。
だとしたら、本当にあんなにも沢山の項目が必要なのでしょうか。
だから私の家計簿は常にシンプルで、10項目以上は区分しません。
ただし、これはあくまでも私の個人的な考え方による家計簿の必要項目なので、それこそ人それぞれ、ブログやサイトで他の方のご意見も聞いてみられるといいでしょうね。
そして何より、家計簿は日記と同じで続ける事が大事な訳ですから、自分が続けるのが嫌になるようなスタイルではいけないというのが私の考え方です。

家計簿というのは、ある意味、一つの家庭の記録とも言えるのは確かでしょう。
ほら、時々めちゃめちゃ細かい家計簿を付けてる方っていらっしゃるじゃないですか。

人気の家計簿アプリ





様々な家計簿ソフトがあって、無料でダウンロード出来るものも多いですね。
ただ、家庭用のPCはデスクトップが主流だった時代と違って、今はノートパソコンが定番化して来ました。
当然ですが、目下大人気のスマフォアプリであり、大人気の家計簿となっています。

家計簿は面倒だとか、古くさいというイメージを綺麗に振り払ってくれるのがスマートホンアプリ。

家計簿ごときにお金を掛けたくないというのは、パソコンでもスマートフォンでも同じ事。
そうなると、家計簿を付けるのに、わざわざパソコンを出して来て、電源を入れてという準備自体が案外面倒なものです。
ほら、最近は高齢者向けのスマートフォンというのも出て来ているじゃないですか。
家計簿は手で付けないとっておっしゃる中高年の方々にも、是非チャレンジしていただきたいなぁっと思います。
逆に、昔のように、ノートをパッと開いて書き込める方が便利に思えたりもする位です。
すいません、ページタイトルやURLは覚えてないんだけど、でも、多分関連のブログやサイトを探せば、そういう情報はいくらでも収拾出来るでしょう。
なので、いくつかダウンロードして、実際試してみるのもいいかも知れませんね。家計簿をパソコンで付けるというのは、今や定番と言っても過言ではないでしょう

おばあちゃんたちのエクセル家計簿





しかし、その一方で、エクセルを使った家計簿を作るのが中高年の間で密かなブームを呼んでいるのもまた確かです。
でもね、エクセルを使って家計簿を付ける事で、パソコンへの新たな関心が芽生える人も結構いらっしゃるんですよ。
ましてや、オフィスソフトなんて不要というより無用で、それを使って家計簿を付けるなんて、最初は想像もされないですね。
ただ、面白い事に、目の前でエクセルを使った家計簿フォーマットを立ち上げ、実践して見せると、これが案外反応有り。
が、しかし、個人的にはなるべくシンプルなエクセルを使った家計簿が一番お勧めだし、おばあちゃんたちも、それならという感じなんですね。
ただ、家計簿というすごく身近なものをエクセルという遠い存在のものと結び付ける事で、新たな挑戦意欲みたいなのが湧いて来られるおばあちゃんも多いという事です。
若い人ならともかく、中高年、それも還暦を過ぎたようなおばあちゃんたちがエクセルを使うの?って思われる方も多いかも知れませんね。

家計簿は手書きが一番だとか、手書きでないと・・・!っとおっしゃる方ほど、エクセルを使ったフォーマットに関心を示されるのが面白いなぁっと思います。
まあ全般的に見れば、その位になると、例えパソコンに興味は持っても、自分はメールとネットが出来れば十分だとおっしゃる方が大半なんですね。
何もパソコン教室に通わなくても、エクセルを使った家計簿の作り方は、関連のブログやサイトにも詳しく載っているから、それこそネットが出来れば大丈夫ですしね

家計簿は無料でダウンロード






家計簿ごときにお金を遣えるかってなもんで、無料でダウンロード出来ないかと探したところ、あららビックリ。
それに、うちは代々家計簿を付けない家系なのとかって言い切る母親に育てられた私。
私の事だから、そうやってピコピコやっているうちに面白くなって、こまめに付ける習慣が付くかも。
それに、今はこういう帳簿というのは、パソコンや形態電話でチョコチョコッと付けるのが主流の時代。
それに、私の場合、手書きじゃ面白さより面倒くささの方が勝って、絶対に続かないと思うんですよね。
だから、いくら文句を言われても、付けないよりはましだと開き直って、さらなる無料の高機能家計簿を探すべく、今日も関連のブログやサイトをあさっているのであります。
だったら、無料でダウンロード出来る家計簿を探せばいいんでしょうって思ったんですよね。
ただ、母の言うように、家計簿帳を買う事自体、無駄遣いっちゃ無駄遣いじゃないですか。
それもね、結構いろんな種類があってね、サンプル画像もあるから、自分の使い勝手のいいソフトが選べるんですよね。
という事で、まずは口コミなどで人気ナンバーワンの家計簿ソフトのダウンロードから。
そう言えば、自分も子供の頃、お小遣い帳というのを付けた事がなかったですね。

家計簿とは





きちんと家計簿を付けていれば、マイナスになるはずがないんじゃないかって思うんですけど・・・。
自慢じゃないけど、主婦暦うん十年の私は一度も付けた事がないんですよね。
それに何より、家計簿を付けるのって、めちゃめちゃ面倒じゃないですか。
因みに、今毎年婦人の友社から発売になっている家計簿帳は、1904年に初めて売り出されたものなのだそうですよ。家計簿を付けると節約出来ると言う話をよく聞きますが、果たして本当なのでしょうか。
でも、何度も言うようですが、家計簿は家計の収入と支出を明確にする事で、無駄遣いを防ごうというものでしょう。
だとしたら、どうして赤字というのが出て来るんでしょうねぇ、不思議だと思いませんか。
にも関わらず、ただの一度も付けた事のない私は、結構すごいかもって思ったりもして・・・。
けれど、どうやら明治時代に出されたこれが日本の家計簿の走りらしく、100年以上も前からあったというのは驚きですね。
実際、年始めに毎年今年こそはって言いながら、日記と同じで、三日坊主に終わっちゃってる方も多いはずですよ。
関連のブログやサイトには、そういう情報も沢山掲載されているので、そういうのを参考に遊べる家計簿を付けてみるのも面白いかも知れませんね。

法人の資産運用方法とは





黒字決算の場合、法人の資産運用方法を駆使すると、繰越欠損金がある場合、税金は法人税の均等割と、消費税だけの納税で済むことになります。
非営利団体の活動資金の大半は、出捐者、寄付者、会員などが善意で拠出した基金に基づいているので、結果的にそれは法人の資産運用方法に結びついてきます。
つまり、非営利的な性質と資産運用というのは、結びついていて、そのことから、法人の資産運用方法が適用されるのです。
資産の運用がなければ、基金は自然に滅失するので、そのため、公益法人が活動を継続することになるので、法人の資産運用方法が適用されるのは当然なのです。
日本でも、超低金利時代に突入したことから、財団法人、社団法人などを含む法人の資産運用方法の問題が取り上げられてきています。
しかし、大黒字ではない状況なら、法人の資産運用方法を利用した方が、経費を使って利益をうまくコントロールできるというメリットがあります。
そして、法人の資産運用方法についての基本文書を規定している団体もあって、かなり積極的です。
一般的に、法人の資産運用方法を利用すると、様々なメリットが得られると言われています。
法人の団体の中には、法人の資産運用方法を推進するため、資産運用規程を盛り込んでいるところもあります。
真剣に資産や基金の運用に取り組むことが必要になってきているわけで、そんな中、今、法人の資産運用方法は、注目を集めていいます。
個人の資産運用だけでなく、国全体として、法人の資産運用方法の問題は、今後、大きな課題になることでしょう。

資産運用方法相談






資産運用方法を利用する場合は、常にリスクというものを考えておく必要があります。
色んな知識を持っていて、特に実際に資産運用方法を実践した人に相談すれば、色んなことが学べるでしょう。
まず、相談する前に資産運用方法で考えなければならないことは、資産運用をするにあたって、今、資金がどのくらいあるかということです。
つまり無知の状態で資産運用方法をしようとすると、大きな危険が待っているというわけです。
資産運用方法は、お金を増やすためにするわけですが、失敗すると、大きなお金を失うことになります。
資産運用方法をどんな方法でするにせよ、お金が動くということは、厳然たる事実です。
たとえば、投資信託は安全性の高い方法として評価されていますが、これで資産運用方法をしたから、必ず成功するとは限りません。
ただ、お金に余裕があっても、資産運用方法について知識が全くない人は、失敗する可能性があります。
そして、どんな種類の資産運用方法で投資して、失敗しても、お金はもどってきまぜん。
もし、資産運用方法について、相談する人がいなくて困っている場合は、そうしたことについて得意としている会社に相談することです。
資産運用方法のポイントは、相談することで、経験と知識を豊富に持つ先輩や知人から情報を得ることです。

資産運用方法セミナー





例え、資産運用方法をしたことがない人でも、セミナーというのは、足を運んでおく価値あるものなのです。
もしお金に多少余裕ができて、何らかの方法で資産運用方法を試してみたいと思っているなら、セミナーを利用すべきです。
つまり、セミナーで教えてくれる資産運用方法が、必ず自分のやり方に合うかどうかはわからないのです。
そうした人の意見を聞き、資産運用方法でのリスクやリターンを把握すれば、運用の際に役立てることができます。
他の人が資産運用方法をどのようにしているのかを知ることができるのは、セミナーならではの良いところです。
とにかく、具体的な資産運用方法をセミナーで知ることができるので、非常に有益です。
つまり、資産運用方法のセミナーに行けば、自分にとって大きな自信に繋がってくるのです。
とにかく資産運用方法について興味があって、その運用について知りたいと思っているなら、一度、セミナーに足を運ぶべきです。
資産運用方法のセミナーに参加すれば、色んな知識を吸収することができ、それと同時に、経済的なメリットも得られることでしょう。
セミナーの効用は、自分の資産状況とセミナーで教える資産運用方法が合致した時に、初めて功を奏すのです

国債での資産運用方法




資産運用方法には、色々な方法がある中、国債でするというのも、今、人気です。
つまり、リスクが比較的少ないのが、国債による資産運用方法で、国債を買うというのは、国にお金を貸すことを意味しています。
資産運用方法として、国債を利用するというのは、比較的よく知られている方法なので、初心者でもおすすめできる方法です。

資産運用方法で、国債を利用すると、一万円からできるので、お金に余裕がない人でも、気軽に始められます。
国債による資産運用方法は、自分のニーズに合わせてプランがチョイスできるので、自由性も高いです。
基本的に、国債での資産運用方法の場合、固定金利か変動金利か、いずれか2つのプランから選択できます。
資産運用方法でおすすめなのが、国債を利用する方法で、リスクが少ない運用方法なので、あまり慣れていない人でもおすすめできる方法です。

資産運用方法と一口に言っても、国債の場合は銀行にお金を預けるというのとは、大きな違いがあります。
個人向け国債には当然、満期がありますが、固定金利と変動金利の満期は違うので、資産運用方法で国債を利用する場合は、そのことも考慮して選択すべきです。
お金をしっかり増やすために、資産運用方法をスタートするなら、個人向け国債は、比較的安全性が高く、金利も良いので、利用してみる価値はあります。
固定金利は満期が5年で、変動金利の満期は10年なので、国債で資産運用方法を始める場合は、どちらにするか、しっかり検討しましょう。

30代の資産運用方法





長期運用ができるのが30代の資産運用方法の特権なので、その辺のところをしっかり押さえることです。
また、30代の資産運用方法は、ハイリスクな運用ができるという余裕もあります。
もしハイリスクの投資で資産運用方法に失敗したとしても、30代なら、十分にカバーできる時間が残されています。
30代の資産運用方法というのは、これからまだまだ先が長いので、将来を見据えて、じっくりと運用していく必要があります。
30代というと、残りの人生もたっぷり残されているので、長いスパンを考慮した資産運用方法を取っていくのがベストです。
ただ、今の30代は、中々、資産運用方法を構築するための資金が用意できない人も少なくありません。
要するに30代の場合、時間を武器にできるメリットがあるので、長い期間の資産運用方法を選んで、長期運用を続けていく価値があるのです。

資産運用方法というのは、30代がする分には、先が長いので、夢と希望に満ち溢れていると言ってもいいでしょう。
もちろん、だからと言って、ギャンブル的なもので資産運用方法をするというのは、よくありません。
時間が残されている30代の人は、資産運用方法で多少リスクを負っても、命取りにはなりません。
株式投資に比重をおいた資産運用方法というのは、30代に最適なのですが、株をいつ買うかというのが最大の焦点になります

資産運用方法に関するブログ





基本的に、ブログにもよく書かれていることなのですが、資産運用方法をするにあたっては、稼ぐ、貯蓄、投資、待つ、消費と言う流れをよく認識しなければなりません。
投資がメインと言う風に資産運用方法では考えられがちですが、実は、それは初心者の考え方なのです。
ただお金を増やせばよいというのが、資産運用方法で大事なことではないのです。
もちろん、資産運用方法では、お金を増やすということも大事なのですが、しかし、始めるにあたっては、準備することがあります。
そして、肝心なのは、稼ぐということから資産運用方法を構築していかないと、投資がしっかりできなくなります。
そうしたことを心がけないで、安易な資産運用方法で投資をしていくと、無理にお金を増やそうとすることになるので、結果、自身に焦りが生まれてきます。
FXには、資産運用方法が2通りあり、それは、為替差益で稼ぐというものと、スワップを貯めて稼ぐというものです。
そういうことになってしまう人は、資産運用方法をする前に、しっかり心構えができていないからなのです。
実際、FXの初心者でも資産運用方法として成功している人のブログがあるので、まんざらでもなさそうです。
いわば準備不足が、資産運用方法の失敗を招くわけで、いかに、最初の心構えが大事であるかがわかります。
資産運用方法のブログを見ると、FXの記事がよく載っていて、FXのブログとよくリンクすることがあります

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。