世界の富裕層





そしたら、自分は世界一の富裕層の親として悠々自適な老後が送れるとの、もっともな感想と言うかご意見。
でも、私たち女性は富裕層の男性に出合う事もすごく大切なんですよ。
それじゃあ、都会に何も立派な本宅なんて要らないじゃないですか、ねぇ。
父の外車はさておいて、世界一の富裕層の母親がチャリンコなんかで街を走り回ったりなんかするのだろうか。
それから、富裕層らしく、一応父の愛車は外車にして、母のママチャリは電動自転車にしたいとか。

富裕層の本当の生活スタイルや気持ちは、実際になってみないと分からない。
どうせなら、せめて別荘はハワイとかカナダとか、ヨーロッパとか、オーストラリア辺りに希望していただきたいものです。

富裕層になったら大きな家に住む、実に単純で判り易い夢ですね。
でもって、もし自分が世界一の富裕層になれたらどうしよう。
実のところ、私自身、両親と同様に、ごくごくありふれたちょっとした富裕層の姿しか思い浮かびません。
確かにその通りで、現実に富裕層という文字を背負ったら、想像している以上に大変な事も多いのかも知れません。
でもまだ私は若いし、世界一は無理でも、将来、今よりは富裕層になれる可能性はあると思うんですよ。
うちの両親は富裕層という言葉に無縁なので、あんな素直な夢が描けるのではないかと思いました

富裕層ランキング





世界富裕層ランキングでは長年マイクロソフト社の創設者であるビル・ゲイツ氏が第1位の座に居座っていました。
今年も又、俺の名前がないと、日本の長者番付を見て、がっかりしていたうちの社長でないのは間違いなさそうです。
おまけに家で私が使っているこのパソコンもwindows、つまり私もビル・ゲイツ氏を世界を代表する富裕層にした人物の一人になりますよね。

富裕層の目安とも言える長者番付、でも、実際にはランキングしていないところに本当の世界一はいるかも知れないと聞いた事があります。
何しろ世界ランキングのベストテンに入る人はみんな2兆円以上の総資産がある訳で、もう億万長者じゃないんですね。
でもね、日本で2番目位に富裕層の人は京都の人で、うちの会社のすぐ近くにお住いなんですよ。
だとしたら、ランキングには載らない正真証明の世界一の富裕層、一体どこにいるどんな人なんでしょうね。
世界一有名な投資家で、こちらも又、押しも押されぬ兆立派な富裕層です。
まあ、夢と目標は違いますから、好きに言っていてもらえればいいのですが、従業員の事だって、少しは考えていただきたいものです。
私には夢のような富裕層ランキングの話ですが、見ていると結構面白いですよね。
そこで働いている人たちもみんなやっぱ富裕層なんでしょうかねぇ。
お前たち従業員の出来が悪いから俺が富裕層になれない、それがうちの社長の口癖ですが、はっきり言います。

富裕層になる方法





例えば、株やFXなどの資産運用で成功したサラリーマンや、玉の輿にうまく乗ったOL。
その会社の社長さんは、今回質問した知人にそう答えていらっしゃいました。富裕層になりたいので、なれる方法を教えて下さい。
流石にここまで来ると少々バカバカしい質問のような気もしますが、楽して富裕層になる方法、実は私も知りたかったりなんかはします。
本当に富裕層になりたかったら、とにかく行動に出る事が大事です。

富裕層になるのは決して簡単な事ではありませんが、楽してなった人がいるのも確かのようです。
その運は殆どの人が生まれた時から持っているはずで、それを開けるかどうかによって、富裕層になれるかどうかが決まってくるのだそうですよ。
なるほど、富裕層になる方法というのは、その金運を開く方法なんですね。
そういう人たちはきっと、自分の持っている金運と知恵を使って上手に開いたんでしょうね。
そこで、知人のその質問に対する富裕層の皆さんからの回答を真剣に期待してしまいましたよ。
ずっとそう思って来ましたが、必ずしも努力だけで富裕層になれるとは限っていないみたいですね。
でも、この世に本当にそんなものがあるのだろうか、思いきり半信半疑。

富裕層とは





でも富裕層さんのブログやサイトにはついつい納得させられてしまう部分が沢山ありました。
私も出来る事ならなりたいものです、富裕層に、きっとそう思っている人は少なくないでしょう。
やっぱ、苦労して貯めたお金を湯水の如く使うのは身を削られるような想いなんだそうですよ。
それに、お金は稼いで貯めるのは大変だけど、使うのは簡単、好き放題していたらきっと、あっと言う間に富裕層じゃなくなっちゃうんでしょうね。

富裕層になるのは勿論大変だけど、居続けるのも大変なんだろうなぁって思います。
富裕層ならではの悲しい事件とかもよくテレビや新聞で見ます。
ほら、さっきも話したけど、本当の富裕層って、意外と地味に暮らしているじゃないですか。
彼の場合は今でも億単位の年収があったらしいから、私から見れば、立派な富裕層です。
その辺が、本当の富裕層さんたちとはいささか違っていたのかなぁ。
ケチケチ生活で、ずっと富裕層をキープし続けるか、それともド派手な生活をして、すぐに貧乏に逆戻りするか。
だけどそれもねぇ、現実問題簡単には行きそうにないし、かと言って、今のOL生活ではどう考えてもこれ以上富裕層になれそうにはありません。
私が富裕層になる一番確率のいい方法、それはどこかのおぼっちゃまと結婚する事です。
今日も又、もし富裕層になれたらという夢を見ているだけです。
ほら、よく富裕層ほどケチだとかって言うじゃないですか、いつも節約してたりなんかして。
確かに、沢山のお金を貯めようと思うと、絶対に無駄遣いは禁物。
ああ、いいなぁ、富裕層、いつか私もそんなブログを書いたり、サイトを作ったりしてみたいものです。

宝くじの買い方





そんな中、宝くじの買い方というのは大事で、それによって、当選確率が変わってくるかもしれません。
実際、宝くじの買い方には、連番とバラがあり、これは買い方として、誰もが体験したことがあるでしょう。

宝くじの買い方で、バラの場合は、番号を照らし合わせながら見るという楽しみがあります。
組と番号が連番で買えるのが縦バラという宝くじの買い方なので、前後賞が狙えるのです。
一方、バラの宝くじの買い方というのは、バラバラの番号で、組もバラバラで購入するという買い方になります。
要するにバラの宝くじの買い方をすると、1枚は下一桁が当選するという形になります。
もし宝くじで1等前後賞を当てたい人は、連番で買うという買い方をしなければなりません。
この場合、1等が当たっても、前後賞を当てることはできませんが、バラの宝くじの買い方は、1枚1枚当てる楽しみがあります。
宝くじの買い方は、連番で買ってもバラで買っても、当たる確率というのは、理論上何ら変わることはありません。
そのため、当たる確率を上げるための宝くじの買い方というのは、ないということになります。
いずれにせよ、宝くじの買い方では、連番とバラでどっちの方が効率がいいということはないのです

宝くじが当たったら





お金は銀行にあるので、高額当選で宝くじが当たったら、まずは、お金を持ちかえるのもいいかもしれません。
宝くじが当たったらどのようにするのかは、人それぞれですが、考えるだけでも楽しいものです。
競馬では高額のお金が当たると税金がかかりますが、宝くじには全く税金がかからないので、とてもお得感があります。
あるいは、宝くじが当たったら、銀行ではなく、売り場に行って換金するという手もあります。宝くじというのは、本当に確率が低いので、実際、当たるということはめったにありません。
とりあえず宝くじが当たったら、家を購入して、老後の資金のために置いておくというのも良いかもしれません。
宝くじが当たったら、すぐに仕事を辞める人も少なくないでしょうが、慌てる必要はないでしょう。

宝くじが当たったら、まず家のローンに全て使って返済するのが先で、残りを口座に入れて貯金するというのが堅実です。
たくさんお金を持っているだけで、気持ちが充実して幸せな気分になれるので、宝くじが当たったらそのまま普通の生活も良いです。
また、宝くじが当たったら、それはそれで、いつも通りの生活をすると言うのも、1つの手です。
宝くじの収益金の15%位は、宣伝やポスターの経費に使用されているので、税金がかからないのです

宝くじのはずれ券





はずれ券の再抽選は毎年9月2日に行われていて、宝くじのはずれ券の下4桁が対象になります。
お楽しみ抽選は、手持ちの宝くじのはずれ券を再度確認するという狙いもあり、それは、時効当選金ゼロを目指すことにもつながります。
実は、宝くじのはずれ券は、ちょっとした価値があり、はずれたからと言って、はすれ券をすぐに捨ててはいけません。
賞品は豪華で、シリコンスチーマーや停電センサーサーチライト、音波振動式歯ブラシなどがあるで、宝くじのはずれ券は捨ててはいけません。

宝くじのはずれ券には、お楽しみ抽せんが待っていて、いわばこれは敗者復活戦と言えるものです。
9月2日に、過去1年間の宝くじのはずれ券が、再度、抽選されるので、はずれ券は捨てないようにしましょう。
基本的に、宝くじのはずれ券というのは、何となく縁起が悪いように感じるので、捨ててしまう人が多いです。

宝くじのはずれ券で賞品か当たった人は、10月末が交換期間なので、当たった人は忘れないよう早めに交換しておくことです。
中には、新潟産コシヒカリ10キロとう賞金もあるので、宝くじのはずれ券は、捨てるとチャンスを放棄することになります。
但し、この宝くじのはずれ券については、数字選択式とイベントくじについては対象外となるので要注意です。

宝くじが当たる方法





宝くじに当たる方法はないとしても、当てるコツというのは、あるはずなので、その辺は調査する価値があります。宝くじというのは、誰もが一度くらいは、チャレンジしたことがあるでしょうが、実際、当たる方法があるのかというと、これは難しい問題です。
実際、宝くじに当たる方法というか、コツですが、それは、やはり、絶対に当たるという信念を持つことです。
つまり、風水を取り入れることで、宝くじの当たりを自らに引き寄せることができるわけです。
誰でも、宝くじを買う以上は、絶対に当てたいと思うのが普通ですが、当たる方法というのは見つかりません。
具体的な宝くじの当たる方法としては、西側の方向の売り場で購入することが良いとされています。
そして、午前中に太陽が当たる売り場で宝くじを購入するというのも、当たる方法としておすすめです。
そうした心構えは、宝くじを購入する際、期待を抱かせてくれるコツになるので、当たる方法としては基本になります。
購入した宝くじを金運アップができるところに保管するというのも、当たる方法につながります。
宝くじを買う場合は、ちょっとでも良い方向に行くように努力するのがコツで、それを実践することこそが、当たる方法へと結びつくのです

宝くじ発売日




宝くじというのは、いつも発売日が近づいてくるとドキドキするもので、特に年末ジャンボの発売日は、毎年、待ち遠しい感じがしてなりません。
発売日に人が詰めかける人気の宝くじは、一体、どのくらいの人が購入しているのでしょう。
つまり、それだけ宝くじの購入というのは、生活に身近なものになっていて、浸透しています。
最近では自分で攻略できる楽しみのある宝くじというものに人気があり、こうしたものはなんとなく親近感があります。
中には、宝くじの発売日当日から列をなし、求める人たちで大行列が起こって、混乱をきたすことさえあります。

宝くじの発売日になると、なかり多くの人が並びますが、その中には、継続して購入している人もたくさんいます。
この数字を見ると、宝くじの発売日に多くの人が殺到するというのは、十分に頷けます。
実際当たらなくても当たるかもしれないというドキドキ感が、宝くじの発売日に足を運ばせるのです。
高額当選に当たった夢を見ることができるので、宝くじの発売日に並ぶことは、意義あることなのです。
数字選択式の宝くじの人気は高まっていて、こうしたくじの発売日をしっかりチェックしている人も増えてきています。

宝くじ売り場





しかしそうは言っても、宝くじを買う以上は、げんを担いで高額当選を狙いたいというのが人情です。
こうした宝くじは、簡易ボックス型の売り場ではほとんど購入できないことになっています。
しかし、一部の銀行ATMなどでは、数字選択式の宝くじが購入できる場合もあるので、一度、調べてみるといいでしょう。

宝くじは、当選確率が気になりますが、実際、どの売り場で購入しても、違いはありません。宝くじは、みずほ銀行をはじめ、繁華街や駅、またはショッピングセンターなどにある売り場で購入することができます。
売り場側も、過去の宝くじ当選実績などを積極的にアピールしたりしているで、益々、そうした売り場に人が集まります。
こうした売り場は、ジャンボ宝くじに関して、100本以上の1等や2等の高額当選者を輩出しているのが多くの人が詰めかけます。
ただ、人気のある売り場と言っても、実際には宝くじの販売数が多いだけで、当選確率に差異はないのです。
名古屋で人気の宝くじ売り場には、名駅前のチャンスセンターと名鉄観光名駅地下支店があり、高額当選本数では全国トップ3に入ります。
大阪で人気の宝くじ売り場と言えば、大阪駅前第4ビルの特設売り場で、ここはドリーム、サマー、年末など3大ジャンボで抜群の当選本数実績があります。

宝くじのネット購入





ネットで簡単に宝くじに挑戦できるので、これほど便利なものはなく、益々、購買意欲が高まります。
つまり、ネットの宝くじでも、必ず誰かが当たっているわけで、無料で登録できるので、是非、登録してみるべきでしょう。
実際、そんな風に思いながら、ネットで宝くじを購入した人が、見事、当選して、大きな賞金を手に入れている人がたくさんいます。
ネットでの宝くじの販売が、全面解禁されるというニュースは、たちまち全国を駆け巡りました。
今では、宝くじと言ってもいろんな種類があって、どれを選んでよいのかわからないくらいです。

宝くじがネットで簡単に購入できるとあれば、これまで興味のなかった人も参入してくる可能性があります。
東日本大震災からの復興を目的として販売された、復興のための宝くじの売り上げが芳しくなかったことも、ネット販売に拍車をかけました。
そうした状況を鑑みて、活性化検討会が実施され、その中で、宝くじのネット販売が検討され、実際に実現されたわけです。
収益の減少からくる影響を考えて、ネットでの宝くじ販売に踏み切ったというのが、1つの要因です。
ただ、人気が上がっているばかりだと思っていた宝くじなのですが、実はここ数年で売り上げは激減していたという事実があるのです。

ジャンボ宝くじとは





日本で販売されている中でも、ジャンボ宝くじの期待値は非常に高く、年に3回実施されます。
期待当せん金額は140円程度なので、ジャンボ宝くじという名称とは裏腹に、その確率は非常に厳しいものとなっています。
1979年のサマージャンボ宝くじの当時は、1枚200円で販売されていて、1等当せん金は2000万円でした。
まず、毎年2〜3月頃に発売されるジャンボ宝くじとして、グリーンジャンボあり、多くの人が購入しています。
また、毎年5〜6月頃に発売されるジャンボ宝くじは、ドリームジャンボと呼ばれています。
そして毎年11〜12月頃に発売されて、12月31日に抽せん発表が行われるジャンボ宝くじの年末ジャンボは、1年の締めくくりにふさわしい恒例の行事となりました。
1980年からは年3回のジャンボ宝くじの発売が行われるようになり、1枚300円になります。
1989年入ると、ジャンボ宝くじの当選金はついに1等6000万円となり、前後賞が4000万円になります。
グリーンジャンボ宝くじやオータムジャンボについても、当選金が2億5000万円になりました。ジャンボ宝くじというと、宝くじの中でも、メインと言える存在で、毎年、多くの人がこれに淡い夢をかけます

宝くじ当選確率





しかし、宝くじの1等に当選した人は身近に聞かないので、本当に当たっているのかと疑いをかけたくなります。
ただ、実際には宝くじは、発売枚数の設定がないことから、正確な確率を求めるということは困難になっています。
つまり、1等は1ユニット1本になるので、宝くじの確率は、1000万分の1ということになるわけです。
しかし、毎度のことながら、宝くじというのは、買っても中々当たるものではなく、本当に確率の低さを痛感させられます。
1000万円でもかなりの本数が用意されているので、宝くじはまさに、夢のような賞金体系を提示しています。
いかに宝くじに期待をかけている人が多いかということで、購入者は特に働き盛りの管理職が多いと言われています。

宝くじは、実際問題、悪夢としか思えませんが、実際のデータを見ると、1年間に1回以上の購入経験のある人は、約半数以上に登っています。
つまり、一家の主が宝くじに大きな期待をかけているわけで、確率は低いものの、これにかける思いはみんな同じなのです。
ジャンボ宝くじの場合、1枚300円で、1等はそのうちのわずか1本なので、恐ろしく確率は低いです。
1000万本のうち1本が当選する宝くじの確率というのは、0.0000001で、この確率の低さを見ると、買う気が失せてしまうかもしれません。

宝くじとは





実際、宝くじ協議会というものが存在していて、これは各都市にしっかりと設置されています。
当初は、神社や寺の修復費用を集める目的で、宝くじは存在していて、いわゆるとみくじと言う形で発行されていました。
賞金付きのくじを購入するギャンブルが宝くじで、日本では江戸時代からあったというから、その歴史は古いです。
そしいて、宝くじはその後、日中戦争の戦費調達のために、臨時資金調整法として、発行された経緯もあります。
1948年に当せん金付証票法として宝くじは正式に発表され、地方財政資金の調達のために作られたものです。
そして、宝くじの概要として、大きく分けると、開封くじ、スクラッチ、数字選択式に分けることができます。
くじの売り上げを財源としているのが宝くじの特徴で、売り上げから経費や広告費を除いた半分の売り上げが、当選金として配布されます。
その協議会から、宝くじの当選金の支払いが行われる金融機関が指定されることになっているので、非常に権威ある組織です。

宝くじの初代金融機関は、日本勧業銀行で、この銀行は、戦時中、債権の業務をしていた特殊銀行でした。
銀行のATMやネットバンキングからでも、宝くじが購入できるようになったので、とても便利になりました。

退職と源泉徴収





つまり、税金の仮払いが源泉徴収と言ってよく、1年間の所得と控除によって所得税が決まりますが、退職の際にもかかってきます。
ただ、退職した人が確定申告をしても、必ずしも源泉徴収の所得税還付があるわけではありません。
年末調整は会社が12月支給給与でするので、既に退職している人で転職していない人は、源泉徴収ができないので、確定申告をする必要があります。
退職に際しても源泉徴収は引かれるので、退職日が決まった人は、退職書類でそれを確認する必要があります。
そのため、3月31日に退職した人は、1月1日から3月31日までに、源泉徴収として、支払った給与総額が明示されることになります。
退職に際しての源泉徴収票は大事で、なぜなら、それは転職先での年末調整をする際、必要になるからです。
また、転職先では前職の給与と転職先での給与を合算する必要があるので、源泉徴収票は、退職の際、しっかり保管しておかなければなりません。
この場合、源泉徴収額が多ければ、税金が還付されることになるので、年末調整はしっかりとすることです。

源泉徴収についてですが、確定申告をした場合、全員にお金が戻ってくるわけではありません。
最終給与が確定した時点で、すぐに源泉徴収票はくれるので、退職が決まった時点で、事前に会社側に予告しておくべきでしょう

源泉徴収と所得税





この場合の源泉徴収は、税率が20%で、その内訳は所得税が15%で住民税が5%になります。源泉徴収は、簡単に言うと、会社が、給与支払時に、所定の所得税を徴収するという制度です。
給与やボーナス、そして退職金からも源泉徴収はしっかり行われ、これはパートやアルバイトも対象になります。
原稿料や講演料、弁護士や税理士に対する報酬なども、源泉徴収として引かれています。
また、源泉徴収は、国債や地方債などの利子、あるいは株式の配当金についてもその対象になります。
賞品に対しても源泉徴収は引かれているわけで、懸賞の賞品なども、それに該当します。
所得を支払う会社側は、翌月には徴収した所得税を国に納付することで、源泉徴収の制度は成りたっています。
給料に関する源泉徴収については、会社が給与を支払う際、所定の所得税を差し引くことで対処しています。
国税局から出されている源泉徴収税額表によって、それぞれが収める税金が決定します。
退職金の源泉徴収については、勤続年数と退職金の金額によって税額が決定されます。
所得税を給与や報酬から控除することを源泉徴収と言いますが、個人の住民税の場合は特別徴収になります

パートの源泉徴収





パートについても、正社員と同様、源泉徴収の税額表によって割り出されるので、当然、税金を納めなくてはなりません。
要するにパートで103万円の収入がある人は、38万円が源泉徴収の対象になるので、よく覚えておきましょう。
パートの場合は、103万円を超えたからといって、必ずし源泉徴収がかかるとは限らないので、注意しなければなりません。
会社の経理担当者は源泉徴収の税額表により、給料から税金を天引きするので、パートもこれと変わりません。
パートの源泉徴収については、勤務した時間や日数で大きく異なるので、その辺は自分で確認しておく必要があります。

源泉徴収に関しては、パートに関する特別な欄かないので通常、サラリーマンと同じようにして計算されることになります。
しかし、パートに対して時間給や日給で給与を支払っている場合で、雇用契約期間が2ヶ月以内の場合は、源泉徴収の計算が変わってきます。

源泉徴収は、パートも含めて、配偶者控除、扶養控除、医療費控除、社会保険料控除などが影響してきます。
パートはアルバイトと似た感覚がありますが、源泉徴収に関しては、基本的に正社員の給与所得と同じ扱いになるので要注意です。
また、パートの場合、源泉徴収は、雇用期間によっても大きく違い、1年を通じて支払う額は期間によってかなり違います。

源泉徴収義務者




源泉徴収というのは、会社や個人が、人を雇って給与を支払ったりする場合、差し引かれる税金のことです。
しかし、支払う相手が法人である場合には、それは基本的に源泉徴収義務者に該当します。
また、税理士に報酬を支払ったりする場合にみも、源泉徴収は、支払の都度、差し引かれることになります。
差し引いた源泉徴収については、基本的に、給与などを支払った月の翌月10日までに国に納めるという仕組みになっています。
例えば、給与などの支払をする学校、官公庁なども源泉徴収義務者になるのです。
学会に講師を呼んで、講師に対して講演料を支払うような場合は、報酬支払い調書を税務署に提出する必要がありますが、源泉徴収はこの場合、必要なのでしょうか。

源泉徴収に関して、会社や個人が新しく給与の支払を開始して、義務者になる場合は、届け出が必要です。
この場合、講師に対して講演料を支払う者が、誰であるかによって、源泉徴収義務者の有無が変わってきます。

源泉徴収義務者については、果たして、ある一定額の報酬を支払った者が該当するのかどうかはわかりにくい部分です。
例えば、任意の団体であっても、個人ではないので、やはり源泉徴収義務者に該当することになります。

源泉徴収の見方





給与の支払を受けている大半の人は源泉徴収されているので、やはり見方は知っておくべきかもしれません。
会社が源泉徴収を間違うというのはまずありませんが、やはり、見方ぐらいは知っておくべきでしょう。

源泉徴収の見方で注意しなければならないのは、各年度で変更点があるところです。

源泉徴収の見方で難しいのは、給与所得控除後の金額で、これは必要経費を概算で認めて控除した後の金額のことを指します。
源泉徴収の見方を学んで、しっかり見方を知っておくことは、自分の年収や所得税を確認するのに役立ちます。
所得税については、よく年末調整での変更ポイントがあるので、源泉徴収の見方はとても大事です。
手当などは特に大きく、子供手当による変更点なども、源泉徴収の見方に影響してきます。
スーツ代や靴代など必要な経費があるので、サラリーマンの場合、年収に応じてその金額が概算で決められていて、源泉徴収の見方のポイントになります。
実際、源泉徴収の見方というのは、ちょっと面倒臭いのですが、慣れればそうでもありません。
所得控除の額の合計額も、源泉徴収の見方で大事で、これは給与所得控除後の金額から控除する合計金額のことです。

源泉徴収と年末調整





そのため、給与所得以外の他の種類の所得については、所得税の源泉徴収である年末調整はできません。
つまり、給料や賞与などを、勤務先から得る所得しかない人が、徴収される制度が源泉徴収になります。

源泉徴収は、例えば、事業所得や不動産所得などがある人、もしくは複数から給与をもらっている人はできないことになります。
そうした方法で所得税の源泉徴収である年末調整所得税を計算するので、すべての所得は計算できないことになります。

源泉徴収というのは、1年間のすべての所得に対して課税するという仕組みになっています。
ただ、給与所得以外の所得がマイナスの人は減少するので、源泉徴収された所得税は、確定申告で計算した額から差し引くことが可能です。
給与所得者が選択した1ヶ所からの給与についてのみ、所得税の源泉徴収である年末調整はできるようになっています。
所得を合算した場合、所得税の源泉徴収である年末調整は、税額が増加するというのが当たり前になります。
サラリーマンは確定申告しなくてよいとうのは、そうした源泉徴収の仕組みがあるからです。
複数から給与所得がある人は、一つでしか源泉徴収である年末調整ができないので、確定申告が必要なのです

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。