吉田拓郎

吉田拓郎の病気が早く治ることを祈っています。

吉田拓郎、喘息で3週間安静…東北と関西の全6公演延期
風邪による体調不良で全国ツアーを休止中の歌手、吉田拓郎(61)が、復帰予定だった9月4日の岩手・北上さくらホール公演など6公演を延期することを8月31日、所属するインペリアルレコードが発表した。同社によると、せきが止まらず、歌うのが難しい状態で、医師に「喘息(ぜんそく)性気管支炎のため、約3週間の安静加療を要する」との診断を受けたという。


吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本の男性シンガー・ソングライター。本名同じ。旧芸名は平仮名の「よしだたくろう」。鹿児島県大口市生まれ広島県広島市南区西霞町育ち。鹿児島市立谷山小学校〜広島市立皆実小学校〜広島市立翠町中学校〜広島皆実高校〜広島商科大学(現・広島修道大学)卒業。夫人は四角佳子〜浅田美代子〜森下愛子。おひつじ座。血液型A型。身長176cm。竹田企画、インペリアルレコード所属。

日本のシンガーソングライターの草分け的存在で、当時まだまだマイナーな存在だったフォークとロックを一気に日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げ、また大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立などのパイオニアとして、日本ポピュラーミュージック史における重要人物の一人である。

高校時代にボブ・ディランの影響を受け、大学在学中にベンチャーズスタイルのバンドでコンテスト優勝。70年、自主製作盤「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」で注目を集め、同年エレックレコード入社。初アルバム「青春の詩」を発表し、71年「結婚しようよ」72年「旅の宿」が大ヒット。 1975年井上陽水、小室等、泉谷しげると歌手たちの手による初のレコード会社「フォーライフ」を設立。1977年には社長に就任。1982年に退任。1999年ベスト盤「ペニーレイン」を発売して同社を退社。近年はフジテレビ「LOVELOVEあいしてる」などテレビでも活躍。 2003年、肺がん摘出手術を受けるも同年の全国ツアーで復活。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。