REITと証券会社





しかしながら、あえてREITという形で、財産の一部を投資にまわすということは、それが増えることを期待しているといえるのではないかと思います。
もちろん、まずはREITを始めてみるという考え方も間違ってはいません。
今までに、REITに興味を持ったことが無いという人でも、始めることを検討してみるだけの魅力があるかもしれません。
例えば株や国債といったものと、REITとの間に存在している相関関係は小さいということです。
REITには、こういった特徴もあるので、単なる投資信託ではなく、まったく新しい投資対象としてみることも出来なくもありませんね。

REITを行ううえでは、他に何らかの投資と組み合わせ、リスクを分散させることで、理想的な状況を作ることが可能になるかと思います。
いや、REITにそこまでは求めていない、リスクを小さくして、出来るだけ資産を減らさないようにしたいと、そういう人もいるでしょう。
それらを参考にしてみるのも、REITの基本知識を集める上では、有効ではないかと思います。
やはり、実際にREITに手を出してみなくては分からないこともたくさんあるでしょうし。
インターネットではREITに関する様々な情報を見つけることができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。